© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

古建築模型・佐々木泰之

古建築模型・佐々木泰之

理容おおはしの店主 佐々木泰之さん。彼の趣味は古い建物の模型作りである。縮尺は、建物同士が比較しやすいよう、ほとんどが1/100となっている…

レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館

札幌市西区の手稲通り沿いに在る坂栄養食品(株)。古くからビスケットの製造販売をしている菓子メーカーである。通りからは建物正面に書かれた「坂ビスケット」の赤く大きな文字が目を引く。しかし、その看板から視線を下げると…かなりのドキドキ感である。

北炭幌内炭鉱変電所

北炭幌内炭鉱変電所

北海道の秋も深まる10月上旬、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団企画「北炭送電線をたどるツアー」に参加した。北炭とは北海道炭礦汽船株式会社の略称…

増毛町朱文別の夕焼け

「兄弟」- 朱文別の夕焼けと鰊番屋

パノラマで小説の舞台を辿る、パノラマ聖地巡礼。第二回目は、なかにし礼の小説「兄弟」の第二章 小樽に登場する増毛町朱文別の夕焼けである。

霧笛 - 日和山灯台

霧笛 – 日和山灯台

小樽港や石狩湾を一望出来る高台、高島岬に建つ日和山灯台の最後の霧笛である。この日(2010年3月31日)、全国に残っていた5ヶ所の霧信号所(霧笛)が廃止された。「ブォーン、ブォーン」と言うあの独特な響きは、今後聞くことが出来無いのである。

幾寅駅 – 鉄道員(ぽっぽや)ロケ地

幾寅駅 – 鉄道員(ぽっぽや)ロケ地

浅田次郎原作、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地、幾寅駅である。映画は、冬の幌舞駅(幾寅駅)を舞台に、まもなく定年となる駅長、佐藤乙松(高倉健)の物語。高倉健、大竹しのぶの存在感はもちろんであるが、広末涼子の初々しさが印象的である。

だるま湯

だるま湯

小樽の花園銀座商店街に在る老舗の銭湯だるま湯である。昭和初期の開業以来、この花園銀座商店街で営業を続けていたが、2009年10月31日で廃業となった。理由はやはり、内風呂の増加による利用客の減少、燃料費の高騰、そして施設の老朽化である。

南大夕張駅

南大夕張駅

石狩川水系の夕張川の上流、シューパロ湖近くにある三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の駅、南大夕張駅である。大夕張鉄道線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)に廃止されたが、現在、駅のホームには当時のラッセル車や客車が残っており、三菱大夕張鉄道保存会の手によって保存、管理されている。

日出クラシックパーク - オースチンA50ケンブリッジ

日出クラシックパーク – オースチンA50ケンブリッジ

9月の連休、シルバーウィークの初日、夕張近く栗山町にある日出クラシックパークを訪ねた。廃校となった小学校の体育館を利用したクラシックカーの展示ホールである。以前、雑誌で見てから、クラシックカーと廃校の組み合わせが、かなり気になっていた。

札比内駅 - JR札沼線

札比内駅 – JR札沼線

JR札沼線、札比内(さっぴない)駅、列車が去った後のホームからの風景である。待ち時間が有ったので、駅舎内で本を読んだり写真を撮ったり。この札比内駅、無人駅であるが駅舎内はストーブがあるため、凍えることも無く安心して?過ごすことが出来る。

ページ上部へ戻る