© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

カテゴリー:+ vehicle

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)

ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)

2014年6月、小樽に初寄港した時の様子である。2004年、三菱重工業長崎造船所にて日本マーケット向けに造られたダイヤモンド・プリンセス(英…

幾寅駅 – 鉄道員(ぽっぽや)ロケ地

幾寅駅 – 鉄道員(ぽっぽや)ロケ地

浅田次郎原作、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地、幾寅駅である。映画は、冬の幌舞駅(幾寅駅)を舞台に、まもなく定年となる駅長、佐藤乙松(高倉健)の物語。高倉健、大竹しのぶの存在感はもちろんであるが、広末涼子の初々しさが印象的である。

南大夕張駅

南大夕張駅

石狩川水系の夕張川の上流、シューパロ湖近くにある三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の駅、南大夕張駅である。大夕張鉄道線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)に廃止されたが、現在、駅のホームには当時のラッセル車や客車が残っており、三菱大夕張鉄道保存会の手によって保存、管理されている。

日出クラシックパーク - オースチンA50ケンブリッジ

日出クラシックパーク – オースチンA50ケンブリッジ

9月の連休、シルバーウィークの初日、夕張近く栗山町にある日出クラシックパークを訪ねた。廃校となった小学校の体育館を利用したクラシックカーの展示ホールである。以前、雑誌で見てから、クラシックカーと廃校の組み合わせが、かなり気になっていた。

札比内駅 - JR札沼線

札比内駅 – JR札沼線

JR札沼線、札比内(さっぴない)駅、列車が去った後のホームからの風景である。待ち時間が有ったので、駅舎内で本を読んだり写真を撮ったり。この札比内駅、無人駅であるが駅舎内はストーブがあるため、凍えることも無く安心して?過ごすことが出来る。

函館・八幡坂と路面電車

函館・八幡坂と路面電車

坂道の多い函館、中でも有名なのが、ここ「八幡坂」。映画やTV等のメディアによく登場する。この坂の上から見下ろす眺めは、荒井由美の「中央フリーウェイ」の歌詞では無いが、まるで港にジャンプする滑走路のようだ。

金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫

函館港の西側に在る金森赤レンガ倉庫、函館大火(1907年)の二年後、明治42年(1909年)に建てられた。港における海運業や北洋漁業の衰退に伴い、倉庫としての役割を終えるが、昭和63年(1988年)、イベントホール、レストラン、ショップ等の商業施設へと生まれ変わり、函館の新たな観光名所となっている。

ボンネットバスのぼんねっ太

ボンネットバスのぼんねっ太

ぼんねっ太は、4月〜11月まで期間限定で小樽の街を走る観光バスです。

豊ケ岡駅 - JR札沼線

豊ケ岡駅 – JR札沼線

冬のローカル線駅探訪でJR札沼線の豊ケ岡駅まで。本来なら、列車に乗り現地に行くべきですが、調べみると、一日数本程度の運行。夜の撮影を考えていたので、一人、雪の中の無人駅に取り残されるのもなんだなぁ〜と、車で移動。

ページ上部へ戻る