© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

カテゴリー:[REVIEW]

EOS M de Panorama!撮っちゃっTokina vol.3

前回の課題、EOS Mパノラマシステム「自由雲台QHD-51が痛かった!」の対策編である。皆さんからFacebook等でレベラー不要論が噴出 ^^; そんな中、懲りずに、こんなモノを選んでしまった。もちろん、当初、真っ当な自由雲台を考えたのだが、どうせブログネタなんでしょ、っと言う心の叫び(笑)に負けたのだ。

EOS M de Panorama!撮っちゃっTokina vol.2

オヤジ系タイトルの王道を目指して(笑)始まったこの企画、また、企画倒れだーっとヤジが聞こえてきそうなので、そろそろパノラマ用セッティングを開始した。

EOS M de Panorama!撮っちゃっTokina vol.1

約2年半ぶりのブログのタイトルがこれか?っと…情けない(汗)アベノミクス効果にオヤジは踊り、久々にパノラマシステムの大幅更新を敢行した。特段、C社にこだわる訳では無いのだが、全体の予算を考えると、さすがにPCを含めたところまでは、どー考えても届かない。あっさりと高画素機は諦め、EOS 6Dに決定。その流れでサブも同じメーカーのEOS Mとなった。まー、一攫千金?キャンペーン(キャッシュバック)に目が眩んだという、ちんまい話でもあるのだが。

20106/11

CS-10EM de 音パノ「版画と馬頭琴とカンテレと」

初夏のポカポカ陽気の日曜(6月6日)、美唄にあるアルテピアッツァ美唄まで、彫刻家唐牛さん、楽器職人中村ちゃん、うちのカミサンのメンバーで行ってきた。札幌からは高速を利用して約一時間の道程、話し好きのメンバー?のこともあり、各々の声が車内を乱れ飛ぶ。

CS-10EM de おみせオト

昨年の夏、満を持してスタートしたヒロシのパートにゃー・プログラムが既に、かけ声倒れになる中、心機一転、「CS-10EM de おみせオト」のスタートである。

Reebok Rainwalker

札幌に来て最初の冬、防水と言う理由にて買ったこの靴、なんとか四年目の冬を越えることが出来たが、水は漏れるは、エアークッションは破れる(上写真、水色の部分)は、そろそろ限界だ。色々悩んだ結果、また同じ靴、レインウォーカーを買ってしまった。同じ靴を二度続けて買ったのは生まれて初めてだ。ただし、四年前のモデルは、レインウォーカー 3だったが、今回は、レインウォーカー 7である。

20098/23

Power Mac G5(M9455J/A)の分解

Power Mac G5 LED点滅記?「Power Mac G5は三度LEDを点滅する?」「宅急便は一度ベルを鳴らしPM G5(M9455J/A)を届ける」「Power Mac G5(M9032J/A)の分解」の続き、いよいよ完結編である。あとは、Power Mac G5(M9455J/A)を分解し、パーツ交換し組み上げれば、上手くいくハズ?なのであるが…。

20098/22

Power Mac G5(M9032J/A)の分解

Power Mac G5 LED点滅記?「Power Mac G5は三度LEDを点滅する?」「宅急便は一度ベルを鳴らしPM G5(M9455J/A)を届ける」の続編である。前回の繰り返しになるが、以下のパーツの組み合わせで修理をする方針が決まった。 ・M9032A/Jからのパーツ 筐体、ハードディスク、DVDドライブ、ビデオカード、メモリ ・M9455J/Aからのパーツ ロジックボード、CPU、電源部、メモリ、ファン一式 これに従い、まずは、Power Mac G5(M9032A/J)の分解から開始である。上の写真は、Power Mac G5の分解に使う工具類である。最低限必要なものは、先端の細い部分の長さが13cm程度のプラスドライバー、小さめのマイナスドライバー、プライヤー(ペンチ)。あった方がイイのは、テープ、外したネジを保管する容器(皿等)。ちなみに、手近にあったテープを使ってしまったが、マスキングテープやビニールテープの方がベターかも。あと、写真に写っている定規は、ドライバーの長さが分るように置いたもので、分解には不要である。

パノラマにおける真下(nadir)の撮影方法

帰ってきた、パノラマ・プチ改善計画です。前回の計画(2006年10月)から三年弱、カメラ、パノラマヘッド、三脚等の機材は改善したのですが、肝心の撮影方法の改善はどうでしょう?無いかもしれません、、、

20098/14

宅急便は一度ベルを鳴らしPM G5(M9455J/A)を届ける

先日の「Power Mac G5は三度LEDを点滅する?」の続編である。G5の故障をパーツ交換で凌ぐと言うぽりピー、もとい、ポリシーが決まったので、まずは、価格.com、ソフマップ等で該当機種Power Mac G5 2GHz Dualの中古相場を調査するところから作戦開始。

ページ上部へ戻る