© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

ガラスのピラミッド(HIDAMARI)

ガラスのピラミッド(HIDAMARI) – モエレ沼公園

Open Panorama

愛称「HIDAMARI」で親しまれているガラスのピラミッドです。内部にはイベント、ギャラリースペース、イサム・ノグチギャラリー、レストラン、ショップ、管理事務所等があり、公園の利用、運営の中心的な存在となっています。

高さ約32mのピラミッドの中心部に有るアトリウムではコンサート等のイベントが定期的に開催されているようです。黒い格子で区切られたガラス越しの風景は、まるで壁一面にモニター映像が映っているようでもあり、ちょっと非日常的な空間です。

「この不思議な感覚は何処から来るのだろう?」と暫し考えてみました。結果、「風を感じないため」と、勝手な解釈で自分自身、妙に納得。風が運ぶ自然の音、匂い、触覚(風が頬を撫でる)などを排除し、視覚だけ与えられているからなのでは。これは、決してネガティブな意味では無く、視覚だけにフォーカスした自然体験とでも言いましょうか。この空間がコンサートでより魅力的に感じるのは、きっとここから得られるビジュアルが音楽に素晴らしい演出をもたらしている為でしょう。

3Fには、この公園をデザインしたイサム・ノグチ氏のギャラリーがあります。ノグチ氏がモエレ沼公園をデザインする過程のスケッチ等、デザインのプロセスを見ることが出来、とても興味深い展示内容となっています。

【関連情報】
高解像度QTVR:札幌 モエレ沼公園 HIDAMARI

関連記事

  1. keijiさん、こんばんは。
    ガラスという材料は時間によって透けて見えたり反射して鏡のようになったりして、その表情は刻々と変化します。このように大きく、またいろんな角度を持ったガラス面は、すごくダイナミックに見え方が変化するのではないでしょうか。いつか、違う時間帯、違う天気の光景も見てみたい気がします。

    • keiji
    • 2007年 2月 01日

    shikanoさん、どーもです。
    >すごくダイナミックに見え方が変化するのではないでしょうか。
    暫し、ぼーっと眺めておりました。
    >違う時間帯、違う天気の光景も見てみたい気がします。
    はい、今度は、冬ですね、、、(汗

    • 東京都稲城市 冨永順次郎
    • 2007年 2月 12日

     ご無沙汰しております。ひょっとして、札幌雪祭りがアップされているかもと思い、伺いました。ちょっと、気が早過ぎたようです。
     モエレ沼には、こんなものもあるのですね。すごいです。パノラマの良さでしょうか、一度も行ったことがないのに、周囲の情景が驚くほどよく分かるのでありがたいです。それにしても、食い気、飲み気のビール工場見学に行かずに、モエレ沼に行くべきであったと反省しております。
     ガラスのピラミッド南側の全体を覆うブルーの素晴らしさは、何なんでしょう。何回か足を運んでのことでしょうか。それとも、ある一定の条件さえ揃えば、いつもこんな状態なのでしょうか。
     なるべく早く行かなくては・・・。

    • keiji
    • 2007年 2月 12日

    冨永様、ご無沙汰でございます。
    >ちょっと、気が早過ぎたようです。
    いつもタイムリーにお見せ出来ず済みません、、、(汗
    ただいま、製作真っ最中でございます。
    >全体を覆うブルーの素晴らしさは、何なんでしょう。
    正直に申します、ちょっと、誇張しすぎております、、、
    (かなり汗

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

北海道秘宝館

北海道秘宝館

札幌市南区にある”札幌の奥座敷”こと定山渓温泉。市街地から約30キロ、車で小一時間ほどの場所にある。温泉街の入口にさしかかると巨大な観音像が…

宝来パン本店

宝来パン本店

函館の古い町並みが残る末広町に在る老舗パン屋である。家族旅行で訪れたのが6月初旬。宿泊先のホテルへの帰り道、レトロな建物と看板に惹かれ、気付…

ページ上部へ戻る