© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

札比内駅 - JR札沼線

札比内駅 – JR札沼線

Open PanoramaJR札沼線、札比内(さっぴない)駅、列車が去った後のホームからの風景である。待ち時間が有ったので、駅舎内で本を読んだり写真を撮ったり。この札比内駅、無人駅であるが駅舎内はストーブがあるため、凍えることも無く安心して?過ごすことが出来る。

携帯(705NK)での最短?パノラマだったことを反省し、今回は、Kiss DigiとレコーダーのR-09を持参して来た。ホームでパノラマを撮影した後、R-09での録音を始めたが、モニターのヘッドホンからは、風の音以外ほとんど聞こえてこない。時折、鳥のさえずりや、かすかに車の走行音が聞こえるだけである。モニターのヘッドホンから気づかされた訳だが、日常的なノイズから解放されると、ちょっと妙な感覚である。

札沼線車内の音(石狩月形駅〜)

札沼線車内 石狩月形駅

札沼線車内 石狩月形駅

以前から、雪には吸音効果があると聞いていたが、気になったのでちょっと調べてみた。なんと、新雪の吸音率は、吸音材としてポピュラーなグラスウールに匹敵するらしい。なるほど、見渡す限りの雪原は、白いグラスウールなんですネ。雪の降るさまを表す表現に「しんしんと」があるが、新雪→静寂を改めて実感した。そう言えば、ドカ雪の降る夜って、妙に静かなことに納得である。

Wikipediaによると、このJR札沼線、もともと、札幌駅と石狩沼田駅の間を繋ぐ路線だったが、1972年に新十津川〜石狩沼田間が廃止されたため、学園都市線という愛称がつけられたそうだ。沿線に高校、大学がいくつか有るためか、ローカル線といっても乗客にはヤング(ふるっ)もパラパラと。

【関連情報】
Wikipedia:札比内駅
Wikipedia:札沼線

【サイト内関連情報】
review:705NK de ちょいパノ「JR札沼線 札比内駅」
panoramas:豊ケ岡駅 – JR札沼線

関連記事

  1. 恒例?雪の札沼線シリーズ、待ってました(去年より雪が少なめでしょうか?)。ああ、早く旅に出て、こんな駅で下車したい…。

    • keiji
    • 2009年 2月 02日

    soooくん、ども。
    >去年より雪が少なめでしょうか?
    ハイ、現在のところ、雪かきも少なく、腰にはエエとしですヨ。
    でも、そんなこと言ってると、ドカッとくるんだよなぁ…。
    >ああ、早く旅に出て、こんな駅で下車したい…。
    結構なブランク故、撮り貯めた映像がたんまりと、、、だよネ。
    はよ見せておくんなまし。

  2. 渋いパノラマですね。雪や風の冷たさが伝わってきます。
    音も良いですね。
    駅を撮影してるカメラ君が相反してかわいい・・・(笑)

    • keiji
    • 2009年 2月 04日

    市川さま、こんにちは
    >駅を撮影してるカメラ君が相反してかわいい・・・(笑)
    ハイ、オヤジがKissなんてーのは、かなりのギャップありですヨネ、( ̄_ ̄ i)タラー
    AMARONA:Pの常盤響氏宅拝見いたしました。
    http://www.amaronap.com/sites/TOP/TOP.html
    個人の部屋のパノラマって、色々発見あり?で興味津々デス。特に、バルコニーのデザインがヨカデス。

    追記
    >カメラ君が
    失礼いたしましたぁ、カメラ君アイコンですネ、、、
    作った本人が忘れてました。
    あー寒くて頭の回転がスローライフ(意味不明)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

北海道秘宝館

北海道秘宝館

札幌市南区にある”札幌の奥座敷”こと定山渓温泉。市街地から約30キロ、車で小一時間ほどの場所にある。温泉街の入口にさしかかると巨大な観音像が…

宝来パン本店

宝来パン本店

函館の古い町並みが残る末広町に在る老舗パン屋である。家族旅行で訪れたのが6月初旬。宿泊先のホテルへの帰り道、レトロな建物と看板に惹かれ、気付…

ページ上部へ戻る