© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20057/7

巨大なフロッピー読取り装置

どういう訳か愛着があり、未だ捨てられず。
quadra700
フロッピー読み取り専用マシンとして事務所の片隅にひっそりと鎮座しているQuadra700。

今となっては、フロッピーでデータを頂くことなど無くなったのですが。購入時は、車買うぐらいのローンレンジャー組んだっけな。。。

デジタル系のモノたちは、愛着があっても、ライフサイクルが短く、買い換えの連続。ハードにしてもソフトにしても、買い換えの為に仕事をしているように感じるのは私だけか。。。

ちなみに、”Quadra”の意味をwebで調べてみると、ラテン語で数字の”4″。Quadraが採用したモトローラーのCPU、68040が由来らしい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

ページ上部へ戻る