© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

EOS M de Panorama!撮っちゃっTokina vol.3

SLIK レベリングユニット

SLIK レベリングユニット

前回の課題、EOS Mパノラマシステム「自由雲台QHD-51が痛かった!」の対策編である。皆さんからFacebook等でレベラー不要論が噴出 ^^; そんな中、懲りずに、こんなモノを選んでしまった。もちろん、当初、真っ当な自由雲台を考えたのだが、どうせブログネタなんでしょ、っと言う心の叫び(笑)に負けたのだ。

水平調整は ± 5° まで可能

水平調整は ± 5° まで可能

そんな訳で、今週頭には、アマゾンのダンボーるに運ばれ¥3,610のレベリングユニットは到着したのである。早速、Rotator RD8と組んでみると、これが、意外とピッタンコ。調整範囲も± 5° まで可能、まー十分かな。

SLIK Leveling unit + Rotator RD8

SLIK Leveling unit + Rotator RD8

Rotator RD8の直径は62mm、SLIKレベリングユニットの直径が64mmと、ほぼ一緒であった。ブログネタ(苦笑)的には、掴みはおっけーな感じである。

でもって、肝心のQHD-51のリベンジは果たせたのか?であるが、これも、無事クリアーである。因に、QHD-51の最大積載重量は3kgであるのに対し、SLIKレベリングユニットは7kgである。

SLIK Leveling unit + Rotator RD8 + Nodal Ninja 3 MKII

SLIK Leveling unit + Rotator RD8 + Nodal Ninja 3 MKII

ただし、使い勝手に関しては、若干の不満はある。まず、つまみの柄の部分が長過ぎる。真下のカットを考えるともう少し短い方がベターだ。

あと、動きがあまりスムーズでは無くギクシャク感有りだ。普段、6D用に使っているSLIK SBH-320は、オーロラ写真の田中さんから送って頂いたグリスで絶好調なので、比べると尚更である。もちろん、値段を考えるとあまり文句は言えない訳で、そのうち、分解して田中さんのグリスを闘魂注入しちゃおうぞー!っと思ってる。

Nodal Ninja Nadir Adapterの動き

Nodal Ninja Nadir Adapterの動き

まーとりあえず、Nadir Adapterは無事機能した訳である。
めでたしめでたしで、つづく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

北海道秘宝館

北海道秘宝館

札幌市南区にある”札幌の奥座敷”こと定山渓温泉。市街地から約30キロ、車で小一時間ほどの場所にある。温泉街の入口にさしかかると巨大な観音像が…

宝来パン本店

宝来パン本店

函館の古い町並みが残る末広町に在る老舗パン屋である。家族旅行で訪れたのが6月初旬。宿泊先のホテルへの帰り道、レトロな建物と看板に惹かれ、気付…

ページ上部へ戻る