© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

タグ:MrotatorTCP

MrotatorTCP体験記 vol.4「ノーダルポイントの検証」

前回の「ノーダルポイント」の設定の成果を確認すべく、狭い空間での検証です。「狭い」っと言えば、定番?の電話ボックスでの撮影。

MrotatorTCP体験記 vol.3「ノーダルポイント」

MrotatorTCPでのノーダルポイントの設定です。一般的?に全周パノラマは、カメラを回転させ複数枚のショットを撮影した後、PCに取り込みPTMac(すでにマイナーか)、PTGui等のスティチソフトで貼り合わせをして作成します。この場合のノーダルポイントとは、カメラを回転させて撮った写真を貼り合わせる時、ズレ無くスムーズにつながる、回転の中心となるポイントのことです。

MrotatorTCP体験記 vol.2「プチ改善計画1」

MrotatorTCPでの快適パノラマ生活が始まりましたが、一つ気になる点アリ。カメラを固定するブラケットと回転ベースとのジョイント部分です。ここは(1)のノブを締めて固定します。点での固定なので、回転を防ぐためのボルト(2)があります。しかし、この(2)のボルトとレールの溝には若干の隙間が有るのです。なので、ちょっと力を入れてカメラを回転させると、僅かでは有りますが、ズレてしまいます、ふぅ、、、

MrotatorTCP体験記 vol.1「UPSでご到着」

2004年から愛用していたKaidanのパノラマヘッド。頑丈な作りで気に入ってはいたのですが、頑丈な故?ご主人の扱いが荒く、三脚ごと倒したり、ぶつけたりと酷使がたたり、最近、精度がイマイチだなぁ、、、ってな言い訳で自分を納得させ購入してしまいましたヾ(-_-;) 、イタリアAgno’s equipment製「MrotatorTCPshort」。

ページ上部へ戻る