© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

キ100形式キ1形貨車(ラッセル式雪かき車)

パ野良ミャ〜!「南大夕張駅」

スハニ6

スハニ6

シルバーウィーク初日、頭がかなりシルバーでウィークな旦那と夕張へ出かけた。帰り道、ちょっと遠回りであったが南大夕張駅まで。南大夕張駅は、三菱石炭鉱業大夕張鉄道線の廃線に伴い1987年に廃止された駅なので、正確には駅跡地か。現在は、そのホームに車両等が保存されている。

なんちゃっ鉄な旦那が、あちらこちらぷらぷらしている間、ヒロシは線路の上で一休みである。クモの巣なんかも張っているが、ヒロシ的には、こういう狭い場所が、とっても落ちつくのである。ただ、線路の砂利で足場が不安定だったのが残念、、、

それにしても、
線路の砂利って、なんでこんなゴツゴツしているのか?旦那に調べてもらった。線路の砂利は砕石(バラスト)と言って、線路+枕木にかかる重さを分散させるためにあり、そのためには、ゴツゴツと角張った石の方が、ガッチリとかみ合い、イイのだそうだ。

連結部分のパノラマ

連結部分のパノラマ

さらに、この砕石、電車の振動を吸収する消音効果もあるようだ。都心などでみられるコンクリートベースのスラブ軌道での砕石は、この消音効果のため用いられているらしい、なるほど。

ところで、
下から、こうまじまじと見上げると、鉄道はホント鉄の固まりだ。いかにも人間の作り出したモノで、自然から遠い位置に存在するように感じるが、こうやって、徐々に朽ちていく?姿をみると、自然の一部なんだなあと思える。

関連記事

  1. ヒロシの視点はいつも大胆だなぁ。
    私、また反省修行の旅に出たいと思います…、笑。

    • keiji
    • 2009年 10月 01日

    そーくん、ぽにょ。
    >いつも大胆だなぁ。
    本人曰く、旦那の用事がなかなか終わらず、
    破れかぶれの状態だったようデス。
    >旅に出たいと思います
    兼続、友愛、、、そーです、時代はi。
    越後あたりで額にi電話を貼り、ぐるぐると。
    意味不明だぁ。

    • shikano
    • 2009年 10月 01日

    線路の砂利っておもろしろいですよね。たぶん鉄が飛び散って茶色くなっているのだと思うのですが、あの石にも鉄にも見えるのが面白くて、以前にお茶室の床の間に使ったことがあります。
    ところでヒロシってダイドーかぶれなんですか(笑)

    • keiji
    • 2009年 10月 01日

    shikanoさん、ども。
    >以前にお茶室の床の間に使ったことがあります。
    ナルホド、そんな利用法もあるんですネ。
    >ダイドーかぶれなんですか
    あまりの冷遇に、むしろ、
    ダイドー破れカブレらしいのです。
    あくまで推測ですが、ヾ(-_-;)

    ところで、shikanoさん、今回のWWPは?
    テーマ的には、shikanoさんにどんぴしゃでは。

    • shikano
    • 2009年 10月 03日

    >ところで、shikanoさん、今回のWWPは?
    うー
    スルーしちゃいました・・・
    唐ゼミがテント建てて稽古中なんで撮りにいければ良かったんですが。参加しなきゃ、ですよねー・・

    • keiji
    • 2009年 10月 04日

    shikanoさん、まいど。
    >参加しなきゃ、ですよねー・・
    ここのところ、一時のブームが去ったのか、盛り上がりが今イチですかね。私は、マンネリ打破を考えるのですが、いつも空振り状態デス。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

北海道秘宝館

北海道秘宝館

札幌市南区にある”札幌の奥座敷”こと定山渓温泉。市街地から約30キロ、車で小一時間ほどの場所にある。温泉街の入口にさしかかると巨大な観音像が…

宝来パン本店

宝来パン本店

函館の古い町並みが残る末広町に在る老舗パン屋である。家族旅行で訪れたのが6月初旬。宿泊先のホテルへの帰り道、レトロな建物と看板に惹かれ、気付…

ページ上部へ戻る