© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

Flash Panorama Player「Custom Controller」vol.1

controller

default buttonFlash Panorama Playerには標準でコントローラー用グラフィックスが付属しています。とてもポップなデザイン?でかわいらしいのですが、個人的には、ちょっと使うのがハズカシイのデス。まー、拙者のパノラマが地味過ぎと言うことも有るのでしょうが、、、

でもって、自作のコントローラーを使っていたのですが、どーも今イチ、しっくりこない時があるのデス。最近、ネット上でFlash Panorama Playerのサイトを見つけると、まず、気になるのが、このコントローラー。ベーシックなものから、先進的?なものまで、様々なデザインがあり、かなり固くなったこのアタマに、とっても刺激的。

そんな訳で、拙者も新たなコントローラーを幾つか作ることに。理想的には、完成されたコントローラーが1つあればイイのでしょう。でも、ブログにデザインテンプレートが有るように、Flash Panorama Playerにも気軽に衣替え出来るコントローラーがあってもイイですよネ。折角作るので、Flash Panorama Player用Custom Controllerとしてサイトにアップします。

●Custom Controller[std1] for FPP
fpp controller std1
正方形のボタン形状の中に矢印のちょっと地味目のデザインです。ボタンの機能は、左から情報ウインドウ表示、左へ移動、右へ移動、下へ移動、上へ移動、ズームダウン、ズームアップ、自動回転、フルスクリーン。

以下のボタンでダウンロード、サンプル表示が出来ます。
std1 sample downloadstd1 sample preview
download file type:zip(756Kb)
ファイルは、個人、商用とも自由にご利用ください。ただし、再配布等はご勘弁を、、、

↓サンプルパノラマを含めた構成ファイル一覧です。
fpp controller std1 files

↓パノラマ表示用xmlファイル「controller-std1.xml」について

<?xml version = ‘1.0’?>
<panorama>
<parameters>
panoType = mov
panoName = files/sample
panHome = 0
tiltHome = 0
zoomMax = 2
zoomMin = 0.5
zoomHome = 0.80
layer_1 = files/autorotator.swf
layer_2 = files/hotspots.swf
layer_3 = files/movDecoder.swf
</parameters>
<autorotator>
speed = 0.1
interval = 30
pause = 3000
quality = low
</autorotator>
<hotspots>
<global onStart=”external.autorotator.disabled=1″ onOver=”glow=1;glowColor=#ffff00″ onOut=”glow=0″>
<spot id=”info” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-244″ staticY=”-2″ url=”files/std1_i.png” onClick=”infoscreen.visible+=1″ />
<spot id=”left” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-217″ staticY=”-2″ url=”files/std1_l.png” onPress=”pano.panKey=-2,500″ onRelease=”pano.panKey=0″ />
<spot id=”right” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-190″ staticY=”-2″ url=”files/std1_r.png” onPress=”pano.panKey=2,500″ onRelease=”pano.panKey=0″ />
<spot id=”down” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-163″ staticY=”-2″ url=”files/std1_d.png” onPress=”pano.tiltKey=-2,500″ onRelease=”pano.tiltKey=0″ />
<spot id=”up” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-136″ staticY=”-2″ url=”files/std1_u.png” onPress=”pano.tiltKey=2,500″ onRelease=”pano.tiltKey=0″ />
<spot id=”zoomOut” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-109″ staticY=”-2″ url=”files/std1_m.png” onPress=”pano.zoomKey=-2,500″ onRelease=”pano.zoomKey=0″ />
<spot id=”zoomIn” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-82″ staticY=”-2″ url=”files/std1_p.png” onPress=”pano.zoomKey=2,500″ onRelease=”pano.zoomKey=0″ />
<spot id=”auto” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-55″ staticY=”-2″ url=”files/std1_a.png” onClick=”external.autorotator.disabled+=1;pano.pan_v=0;pano.tilt_v=0;pano.zoom_v=0;” />
<spot id=”full” static=”1″ align=”BL” salign=”BR” staticX=”-28″ staticY=”-2″ url=”files/std1_f.png” onClick=”fullscreen(-)” />
<spot id=”infoscreen” static=”1″ align=”MC” salign=”MC” visible=”0″ url=”files/logoInfo.png” onClick=”visible=0″ onOver=”” onOut=”” />
</global>
</hotspots>
</panorama>

・パノラマファイル形式はQuickTime VR(4行目)です。なのでpluginは、autorotator.swf、hotspots.swf、movDecoder.swf(11〜13行目)の3種類を使用しています。もし、CubeFaceデータを使用する場合、movDecoder.swfは不要となります(連載 vol.4参照)。files/sample(5行目)が、表示させるパノラマのパス+ファイル名(拡張子は省く)です。

・コントローラー表示部分は、23〜31行目です。表示場所は右下です。もし、中央下や左下に変更したい場合は、パラメーター「salign」を変更してください。詳細は、連載のvol.5「Hotspots plugin」をご参照ください。位置合わせには、「Editor plugin」をどーぞ。

・32行目は、情報ウインドウ用画像の指定です。サンプルではデフォルトのものがそのまま入っていますので、表示させたい画像を同じファイル名(logoInfo.png)で置換えて使用して下さい。

※注:Flash panorama Playerは有料なので、player & plugin(上図、構成ファイル一覧の中の青の点線で囲まれた部分)は、ダウンロードファイルの中には含まれていません。ご購入済みの方は、お持ちのファイルを所定の場所に入れてご利用ください。お持ちでない方は下記のサイトからどーぞ、、、

Flash Panorama Playerに興味のある方、購入はこちらからどうぞ。
flashpanoramas

【サイト内関連情報】
Flash Panorama Player
vol.7「LensFlare plugin」
vol.6「Editor plugin」
vol.5「Hotspots plugin」
vol.4「xmlファイルとプラグイン」
vol.3「HTMLへの埋め込み」
vol.2「簡単再生」
vol.1「QTVRを再生」

関連記事

    • えすぱ@飛騨高山
    • 2008年 12月 16日

    これって簡単な事なんですけど、ものすごく悩みますよね。
    デザインを重視するのか、使いやすさを重視するのか。
    説明無しでも直感的に理解できるデザインにしないといけないだろうし。

    私が一番悩んでいるのが、自動回転のボタンです。
    どう変えても、ブラウザのリロードボタンにしか見えなくて・・・。

    http://www4.ocn.ne.jp/~dfc/flashtest/

    • keiji
    • 2008年 12月 16日

    えすぱさん、こんにちは
    >私が一番悩んでいるのが、自動回転のボタンです。
    確かにデス。
    拙者は、フルスクリーンボタンが気になって、あー眠れない、、、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

宇宙ステーション・ミール

宇宙ステーション・ミール

1986年、旧ソ連によって打ち上げられた宇宙ステーション・ミールの予備機である。日本人として初めて宇宙飛行を体験した秋山豊寛氏(元TBS記者…

北海道秘宝館

北海道秘宝館

札幌市南区にある”札幌の奥座敷”こと定山渓温泉。市街地から約30キロ、車で小一時間ほどの場所にある。温泉街の入口にさしかかると巨大な観音像が…

ページ上部へ戻る